注意が必要な動物

extermination

ねずみはしぶとい動物です

太古の昔の建物に、ねずみがえしといったねずみ対策を施すなど、常に生活に密接に関係したことをうかがわすものが残っています。それだけ、ねずみの被害には苦しめられてきたということを意味しており、ねずみ駆除は大きな課題であったことがわかります。現代では、建物が改善され、隙間も少なくなってきたことで、家庭でのねずみの被害に減少傾向にはあるものの、年中暖かい、飲食店を中心に多くの被害が出ております。食品への食害はもとより、電気配線をかじるなどのこれまでとは違った被害が発生し、これが火災の原因となっていることもあり、ねずみ駆除の必要性は、逆に高まっているといっても過言ではありません。

専門業者による駆除が必要

このように、長年、人間の生活とともに生き残ってくるようなねずみを、駆除することは簡単なことではありません。しかし、ねずみが居つかないような環境にすることはできます。無駄に食べるものを放置せず、整理整頓を徹底することで、ねずみが落ち着かない環境を作ることが重要です。また、侵入経路を遮断し、簡単には入ってこれないようにしておくことで、被害はぐっと減ってくるものです。こういったことは、理論上はわかっても実際にどのような対処をするかは、ねずみ駆除の専門業者が多くのノウハウを持っています。実際にいるねずみ駆除をすることはもちろんですが、ねずみが居つかない環境を作り、ねずみが侵入してこれない建屋に改善する点において、専門知識が必要になるのです。